横浜DeNAベイスターズの2017ドラフト順位まとめ!選手情報も!

10月26日に行われたドラフト会議での横浜DeNAベイスターズの指名選手についてのまとめになります。

指名を受けて入団した選手は晴れてプロ野球選手となるわけですが、いったい横浜DeNAベイスターズにはどんな選手が入団するのでしょうか。

スポンサーリンク

2017年のベイスターズのドラフト順位は?

横浜DeNAベイスターズの1位指名は東克樹(あずま かつき)選手が指名されました。

東克樹選手は立命館大学に在籍している投手で、170cmとやや投手としては小柄ながら、大学ナンバーワン投手との呼び声高い選手です。

また、左腕ということもあってかなり評価の高い選手のようですね。

 

ドラフト2位は神里和毅選手。
ポジションは外野手で、日本生命に所属の社会人選手です。

 

ドラフト3位は阪口皓亮選手。
北海高校の投手で、甲子園出場も果たしました。

 

ドラフト4位は斎藤俊介選手。
JX-ENEOS所属の投手ですね。

 
横浜DeNAベイスターズのドラフト1位の投手は、2014年・山崎康晃選手、2015年・今永昇太選手、2016年・濱口遥大選手とあたり続きですので、期待せざるを得ませんね。

 
 

指名され次第、どんどん追記していきますね。

2016年のドラフトは?

2016年の横浜DeNAベイスターズのドラフトは、1位が濱口遥大投手(神奈川大卒)。

濱口遥大投手は皆さんお分かりの通り、プロ1年目にして10勝以上もマークし、クライマックスシリーズでも大活躍したスーパールーキー。

横浜DeNAベイスターズのウィークポイントでもあった先発陣の穴を埋める理想的な活躍をされた投手ですね。
 

また、5位には細川成也選手。

細川成也選手は高卒ながらシーズン終盤に1軍昇格を果たし、強烈なホームランを放ち劇的なデビューを果たした選手ですね。

こちらもクライマックスシリーズではタイムリーを放つなど、大活躍をしました。

細川成也(DeNA)の筋肉美が凄い!出身高校や年俸と彼女を調査!

2017.10.03

2015年のドラフトは?

2015年の横浜DeNAベイスターズのドラフト1位は今永昇太選手。(駒沢大卒)

今永選手も投手として1年目から大活躍、今年は若きエースとして八面六臂の活躍を見せました。

入団前は怪我の影響が懸念され、1位指名に対して疑問のあった方もいらっしゃったようですが、今となっては横浜DeNAベイスターズにとって欠けてはならない選手になりましたね。

 
ドラフト2位は熊原健人選手。(仙台大卒)

今年の中盤~後半こそあまり出番はなかったものの、勝ち運やファンに愛される天然系の選手として人気ですね。
 

ドラフト3位は柴田竜拓選手。(國學院大卒)
シーズン中盤あたりからセカンドに定着し、堅実な守備でチームを何度も助けてきました。

 
ドラフト4位は戸柱恭孝選手。(NTT西日本)
去年、今年とスタメンマスクを被る機会も多く、今年は不思議と得点圏出回ってくることが多く、打点を稼ぎ打撃でもチームを助けていましたね。

2014年のドラフトは?

2014年のドラフト1位は山崎康晃選手。(亜細亜大卒)

独特な軌道のツーシーム、応援のヤスアキジャンプと、かなり人気の高い選手ですね。
球場へ行っても、山崎康晃選手のタオルやユニフォームをよく見かける気がします。

 
ドラフト2位は石田健大選手。(法政大卒)

左腕エースとして大活躍されている選手ですね。
試合中のクールな表情とヒーローインタビューでの笑顔のギャップがとてもいい選手です。

ドラフト3位は倉本寿彦選手。(日本新薬)

長らく空いていたショートのレギュラーとして活躍されている選手です。
守備の指標は低いとされていますが、要所で打つバッティングの勝負強さが魅力ですね。

 
このように、最近の横浜DeNAベイスターズのドラフト戦略は当たりが多く、かなり成功しているんですね。
この結果を見ると、今年もかなりの期待が持てるのでは、と思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です