村上宗隆の身長などプロフィールや高校通算成績!父や兄についても

2017年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズに1位指名された九州学院・村上宗隆選手。

今日高校級の体格とパワーが持ち味の選手ですが、今回は、そんな村上宗隆選手のプロフィールなどについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

村上宗隆の身長などプロフィール紹介!

村上宗隆選手は九州学院高校に在籍している方で、高校時代はキャッチャーを務めていました。

キャプテンとしてチームをまとめ、熊本での予選を戦うも、秀岳館高校に敗れ、3年の夏は甲子園出場はなりませんでした。

甲子園出場は1年夏のみと、なかなか優勝に恵まれなかったようですが、かなりスケールの大きな選手であることは間違いないようですね。

村上宗隆選手のプロフィールはこちら。

  • 名前    村上宗隆(むらかみ むねたか)
  • 出身    熊本県
  • 出身高校  九州学院高校
  • 生年月日  2000年2月2日
  • ポジション キャッチャー
  • 投打    右投げ左打ち

左打ちの強打の捕手ということで、読売ジャイアンツの阿部慎之助選手を想像させますが、阿部慎之助選手のようなチームを勝たせるスケールの大きい選手になると良いですね。

村上宗隆の身長体重は?

村上宗隆選手は187cm、96kgと高校生としてかなり大きな体を持っています。

身長や体重はなかなか努力ではどうしようもない部分ですから、大打者としての土台はしっかりしているといったところでしょうか。

村上宗隆の高校通算成績は?

村上宗隆選手の高校時代の通算成績は、ホームランが52本と、かなりのパワーを持つ選手だということが分かりますね。

3年夏の大会では打率.350(20打数7安打)、出塁率.519、長打率.650とかなり良い成績でした。

 
また、走力も体の割にかなり良く、50m6秒1と、かなりの俊足を誇る選手のようですね。

村上宗隆の父や兄は?

村上宗隆選手のお父さんは、村上宗隆選手が中学生の頃に在籍していた「熊本東リトルシニア」の副理事を務めていらっしゃるそうです。

親子そろって野球が好きということで、村上宗隆選手ご本人の努力はもちろんですが、お父さんの影響もあってここまでの選手になったのかもしれませんね。

兄も野球選手?

お兄さんは村上幸平さんという方で、お兄さんも野球をやっていらっしゃるようです。

お兄さんの村上幸平選手は194cmという長身から投げ下ろす最速147km/hの速球が武器の選手だそうです。

現在大学2年生ということですので、このまま順調に技術を高めていったのなら、村上宗隆選手の後輩としてプロの扉を叩くことになるかもしれませんね。

村上宗隆はプロで活躍する?

村上宗隆選手ですが、プロで活躍することが出来るでしょうか。

私の予想ではありますが、かなりの活躍が期待できるのでは、と予想します。

と言いますのも、東京ヤクルトスワローズのホーム球場はとてもホームランが出やすい球場と言われていますので、そこを本拠地とするパワーヒッターはホームランを稼ぎやすい印象があります。

村上宗隆選手も、中村正捕手という壁こそありますが、将来的には球団を背負う選手となっていくのでは、と思います。

まとめ

今回は、九州学院高校から東京ヤクルトスワローズに1位指名された村上宗隆選手にプロフィールなどについて紹介しました。

体格・高校時代の成績共にスケールの大きい選手ですから、プロ入り後の活躍にも期待がかかりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です