和月伸宏が逮捕?理由や動機と余罪について調査!本名についても

るろうに剣心や武装錬金などの名作漫画の作者として有名な和月伸宏さん(本名:西脇伸宏さん)が書類送検されたというニュースが報道されました。

週刊少年ジャンプの黄金期を支えた漫画家がなぜ今回書類送検されることになったのでしょうか。

その理由や罪などについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

和月伸宏が書類送検!その理由は?

和月伸宏さんが逮捕騒ぎになったのは今月21日のことで、幼い子供が映ったビデオを所持していたことが発覚し、今回の騒動に至ったということのようですね。

現在は書類送検ということで、検索されているような逮捕という訳ではないようですが、いったい逮捕と書類送検って何がどう違うのでしょうか。

逮捕と書類送検の違いって?

まず、逮捕とはざっくり言うと、警察に身柄を拘束されている事を指す意味です。

それに対して書類送検とは、逮捕するかどうか確定するために検察に書類を送ることです。

ですので、和月伸宏さんは現在逮捕されているという訳ではなく、逮捕されるかどうか判断されている状況という訳ですね。

和月伸宏の罪の重さは?

和月伸宏さんの罪の重さについてですが、これまでの判例で言うと1年以下の懲役または100万円以下の罰金というもののようです。

決して軽い罪ではありませんので、逮捕されるのか、はたまた不起訴になるのか、どうなるのでしょうか。

罪を犯した動機は?

動機につきましては、取り調べてお話しされていて、「単純に幼い子供が好きだった」というため、ビデオを所持していたようですね。

身もふたもありませんが、大の大人が…と思ってしまいますね…。

余罪はあるの?

余罪については現在調査中かと思いますが、単純所持だけであれば先ほども触れたように1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金ということですので、罪を償ったうえで今後の活動についても行っていけるのではないでしょうか。

まだ速報が出た段階ですので、これから続報が出てくるかと思います。
願わくば、これ以上余罪が出てこないことを願うばかりですね。

るろうに剣心など作品はどうなる?

現在すでに実写化やアニメ化など、たくさん展開している和月伸宏さんの作品ですが、この先どうなるのでしょうか。

不祥事を起こした作者の作品は公開されなくなることもありますが、るろうに剣心や武装錬金もそうなるのか、不安ですよね。

 
作者によっては謹慎という形で作品の公開などをストップする方もいらっしゃるようですし、現在和月伸宏さんの作品である「るろうに剣心」は、
少年ジャンプ+というサイトで定期的に更新されていますので、そちらの更新がストップするということは十分にありそうですね。

まとめ

今回は、るろうに剣心や武装錬金でおなじみの作者、和月伸宏さん(本名:西脇伸宏さん)が書類送検されたという報道について紹介しました。

少年に夢と楽しみを与えてきた方がこのような罪に問われているのはショックですが、この先どうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です