うるま市赤道で警官に放火した犯人の名前は?職業と動機や画像を調査

5月17日の14時頃、沖縄県うるま市赤道で警官に対してガソリンを浴びせ、放火したという事件が発生しました。

明確な悪意が伝わってくる事件ですが、犯人の動機は何だったのでしょうか。

こんなことをするくらいですから、なにかトラブルなどがあったのか調べてみました。

うるま市警官放火事件の犯人の名前は?職業も調査

うるま市警官放火事件の犯人は「平善秀(たいら よしひで)」という方のようです。

名前ではどこの出身か分かりませんが、事件の現場はアパートとのことですので、県外から越してきた可能性もありますね。

年齢は51歳で職業不詳と報道されています。

職業“不詳”ってなに?

よくこういった事件系のニュースでは「職業不詳」と報道されるケースがありますが、いったいどういう意味なのでしょうか。
どうせ分からないならどちらでも一緒だと思うのですが、職業不詳と無職の違いって何なんでしょうね。

 

ざっと調べた感じですと、

「仕事はしてるけど、何の仕事をしてるかは言わない」というのが職業不詳

「仕事をしてない」といったら無職

といった感じのようです。

ですので、今回の事件の容疑者は「仕事はしてるけど、何の仕事をしてるかは言わない」から職業不詳ということですね。

ただ、反社会系団体などに所属している場合でも、無職や職業不詳と報道する場合もあるようです。

お次は、平善秀容疑者の動機について迫っていきます。[sp-mieru]


スポンサーリンク





[/sp-mieru]

容疑者・平善秀の動機は?

今回の事件は、警官にガソリンのようなものを浴びせ火をつけた、という残虐極まりない事件ですが、いったいどんな動機があって犯人は行動に移したのでしょうか。

可能性として最も高いのは「怨恨」でしょうか。

 

その理由としましては、報道では「“アパートの一室で”住人の男(容疑者)が警官に対してガソリンをかけて放火」となっていますので、
容疑者は室内にガソリンを置いていたということになりますよね。

ガソリンを室内で使うという可能性はほぼ有り得ないと思います。

ガソリンを燃料に発電する発電機なんてものもありますが、ひとり暮らしのアパートに置いてあるケースは少ないでしょうし。

このことから、容疑者は何らかの意図をもってガソリンを室内に置いていたことが考えられます。

その意図というのが、警官に対する負の感情を発散させるためなのではないでしょうか。
 

警察との口論の末にカッとなってやった可能性もありますが、ちょっとしたやけどで済まないのは分かることですから、並々ならぬ悪意があったんだと思います。

現場や容疑者の画像は?Facebookを調査

アパートでガソリンを撒いたということで、現場は悲惨な状況になっていそうですが、延焼はなかったのでしょうか。

調べてみたところ、まだ画像は上がってきていないようですね。
ただ報道では、現住建造物等放火という罪でも調査しているということですので、アパートにも多少なりとも火が移ったと考えられます。

容疑者の画像についても同様で、顔画像が明らかになり次第追記します。

まとめ

今回は沖縄県うるま市赤道(あかみち)で起きた警官に対してガソリンをかけ放火する事件の容疑者・平善秀容疑者の動機などについて調査しました。

明確な悪意のこもったこの事件、被害者の警官の無事を祈るとともに、このような暴力的な手段に出るのではなく、しっかりと話すことでの問題解決を図ってもらいたいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です