小室圭はUFJ銀行を退職していた…現在は法律事務所でバイト?年収も調査

眞子様と婚約された小室圭さんに驚きの事実が発覚しました。

当ブログでも触れていたのですが、小室圭さんは銀行員として就職し、勤務されていたとのことですが、

現在は辞職し、別のことをなさっているということが明らかになりました。

その内容がとても衝撃的でしたので、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

小室圭は銀行を退職していた!

小室圭さんは大学を卒業後、三菱UFJ銀行丸の内支店に勤務していたことが明らかとなっています。
(横浜市内の銀行というのはデマだったようです。スミマセン!)

ですが現在はすでに退職されていて、別のことをなさっているようです。

三菱UFJ銀行と言えば、誰もが知るメガバンクで給料もかなり良いとされています。
よく言われているのが、初任給でも600万円超、平均年収は800万とも。

一般的に見ればかなりの好条件の就職先だと思いますが、いったいなぜ小室圭さんは退職されたのでしょうか。

夢のため?現在は法律事務所でアルバイト

調べてみたところ、小室圭さんは現在、法律事務所で手伝い(アルバイト?)をしながら一橋大学の大学院で勉強されているようです。

学生の身で結婚するというのはたまに聞きますが、相手が眞子様ですから、あまり印象が良くない気もしますよね。

しかもアルバイトですから収入も限られている中で婚約されるという、一見非常識ともとれることをなさっているのには何か理由があるのでしょうか。
 

考えられるのは、就職したものの、小室圭さんの中に夢があり、それを諦めきれなかったというところでしょうか。

そうであれば、三菱UFJ銀行の銀行員という破格の就職先を蹴ってまで行動する意味も見えてきますよね。

しかも小室圭さんは現在、一橋大学の大学院で学ばれているということもあり、その受験はかなりの努力を要したと思います。
このことからも、小室圭さんは生半可な気持ちで道を選んだわけでないことは明らかかと。

まして、男として生活面で不安定な時期に眞子様と婚約されたことを発表したことからも、多少のバッシングは構わない、という並々ならぬ覚悟を示されていることからも、本気でやっていることが伝わってきます。

これらのことから考えるに、小室さんは男として眞子様を守っていくため、自分の夢を叶えるために安定の道を捨てて現在努力されているのではないでしょうか。

小室圭のアルバイトでの年収は?

とはいえ、先立つものはやはり大事なわけで、アルバイトの身で婚約されると聞いてちょっと不安になる方も多いはずです。

私もこれを知ったときに少し不安に思いました。

一般的に、法律事務所のアルバイトというのはいくらくらい稼げるのでしょうか。調べてみました。

アルバイト求人サイト「indeed」で調べてみたところ、

「東京都 新宿区」

での求人の場合、時給1000~1500円ほどでの募集が多いようです。

現在小室圭さんは一橋大学院で学ばれているということですので、1日4時間×5日と仮定して、月収はおよそ10万円ほどではないかと考えられます。

…ちょっと少ないような気もしますね。
東京で暮らすには、ひとり暮らしですら厳しいのではないでしょうか。
 

ただ、三菱UFJ銀行で勤めていた時の貯金もあるでしょうから、やりくりできているとは思いますが。

結婚は問題ないの?

このままアルバイトの収入で結婚というのはかなり厳しいものと思いますが、弁護士になれば年収は1000~1200万円の平均年収ですので、問題はないのではないでしょうか。

将来は国際弁護士を目指しているそうで、そのために国際関係論と経済学を専攻に学んでいるとのことですので、眞子様と結婚するにあたって心配の無いように準備されているのかもしれませんね。

まとめ

小室圭さんは銀行員として働いていたのは確かなようですが、現在は一橋大学の大学院で国際関係論と経済学を専攻し、法律事務所でアルバイトをしているようです。

アルバイトだけでの年収で言えば微々たるものかもしれませんが、将来を見据えて土台を作られていることでしょう。

最初にこのニュースを見た時はビックリしましたが、明確な意図が見えてくると応援したくなるものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です