仙台市立中学の体罰教師の名前は?学校名や辞職するかを調査!

宮城県仙台市で先月の4月26日に自ら命を絶った中学生の事件で、新たな展開です。

少年が通学していた中学校の教師の2人が彼に暴力をふるっていたことが明らかとなりました。

もともと体罰があったのではないかと言われていましたが、教育委員会の調査などによって教師2人が体罰を認めた、ということのようですね。

思春期の少年にとって教師は味方であるべきだと思いますが、なぜ教師が体罰をしたのでしょうか。
まして2人ともなれば、当然のことながら大きな問題ですよね。

そこで今回は、事件が起きた仙台市立中学の教育がそういったものなのか、また、教師の名前などについても調べてみました。

スポンサーリンク

仙台市立中学の体罰教師の名前は?

5月22日現在、教師の名前に関しては確実な情報は出てきていません。

Twitterでこの1件を検索してみると、同じ中学校に通っているとみられる生徒のツイートがありますが、正しい情報か分かりませんので詳しいことが分かり次第追記します。

昔は体罰など普通にあったようですが、現在では暴力行為とみなして厳しい処罰が下るようになっていますから、この教師たちも迎合してほしかったものですね。

まして今回は、ひとりの命が奪われていますから「すみません」では済まないことです。

少年の在籍していた仙台市立中学ってどこ?

少年の通っていたと言われる中学校は、折立中学校だと言われています。

デリケートなニュースですからあまり大々的に報道したくないのはわかりますが、

教師の名前も公表しないなど、おなじ世代の子供を持つ親や、同じ学校に通っている生徒や子供を通わせている親にたいしてフェアじゃない気がします。

教師側のキャリアが~とか思うのもわかります。
しかし、水に流せるほどの小さなことなのでしょうか。

問題の体罰教師は辞職する?

ここが大きなポイントだと思いますが、問題の体罰教師たちは辞職するのでしょうか。

現時点では処罰について公表されていませんが、どうなるのか調べてみました。

体罰を隠ぺいしていた?

報道では、事件が起きてからの聞き取り調査で、体罰が行われていたかの報告が無く、それが今回発覚したので“隠ぺい”していたのではないかと言われています。

教師側がやましいことだと分かっていてのこの行動、罰が厳しくても文句は言えないかなと思います。

過去のケースから見る体罰教師の処分

過去のケースだと、懲戒解雇(クビ)よりも依頼退職のケースが多いようですね。

依頼退職:自分から会社に退職の意を伝えること

なぜ依頼退職を選ぶかと言うと、自分から退職していた方が次の仕事を探すときに有利だから、と言う理由のようです。

体罰をしていてまた教職につけるか微妙な所ですが、この教師2人も処分を受けるなら依頼退職の形で辞めるのではないでしょうか。

なかには体罰をしても教師に再就職している教師もいるようですので、どうなるか気になるところですね。

まとめ

今回は宮城県の中学校で起きた体罰事件の教師についてや処分の可能性についてまとめました。

これも立派な事件なのに実名報道されないのはフェアではない気がしますが、少なくとも厳正な処分を下してほしいものですね。

体罰をした教師も、1人の少年の命を落とすきっかけになったことを自覚して、これからしっかりと反省していくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です