絵本「にんげんごみばこ」のあらすじは?感想と無料読み聞かせ動画も

どんな方でも一度は読んだり読んでもらったりしたことがある“絵本”。

読者層は小さな子供向けですし、大人が読んでも…と思われている方も多いと思います。

しかし、最近の絵本は大人も楽しめるものが出版されており、最近話題になった絵本と言えば、キングコングの西野さんの「えんとつ町のプペル」など、読み応えのある絵本が増えています。

中でもテレビで取り上げられたこともあって注目を集めているのが「にんげんごみばこ」という絵本。

タイトルからして不穏な空気が漂っていますが、いったい内容はどんなものなのでしょうか。

あらすじや読んだあとの感想、さらには内容が無料で聞ける読み聞かせ動画についても紹介していきます。

スポンサーリンク

絵本「にんげんごみばこ」のあらすじ紹介!内容がヤバイ…

絵本「にんげんごみばこ」は、そのタイトルの通り、人間をゴミ箱に捨てちゃわないか?というものです。

人間を入れる用のゴミ箱を担いだ人が「捨てたい人間はいませんか?」と街を歩き、それに声をかける子供たち…といった内容で、

  • 「日曜日もお父さんがお仕事で遊んでくれないから捨てちゃう」
  • 「あの先生はいつもあの子に構ってるから捨てちゃう」

など、様々な理由からにんげんごみばこの中に捨てようと子供たちは考えます。
 

しかし、ゴミ箱を担いだ人が、

「でも、本当に捨てちゃうの?良い思い出もあったのに、もう会えないんだよ?」

と問いかけます。

「いなくなったらどうなるんだろう…」と、
“この世からいなくなること”ゴミ箱に捨てることと関連付けて考えさせ、

あなたが嫌いなその人は、ほんとうにいなくなっても良い人ですか?

と問いかける、というあらすじです。

にんげんごみばこの感想!

…いかがでしたか?
絵本のタイトルは確かに賛否両論ありそうなものですが、内容に関しては子どもに倫理観や道徳観を考えさせるのにいいのでは、と思ったのが私の感想です。

私が子供だったときもそうですが、他人に汚い言葉を浴びせたり、あの人なんていなくなれば良いのに…など思ってしまう子どもって結構いると思うんです。

でも本当にいなくなったら悲しいよね、と人の温かみや良いところを改めて考えられるようないい作品ではないでしょうか。
 

 
また、小さな子供に限らず、匿名性の高いネット社会で心無いことを言ってしまう中高生や大人にとっても考えさせられる作品だなと思いました。

そういった意味でも「にんげんごみばこ」は、大人でも子供でも読み応えのある絵本ですね。

にんげんごみばこが無料で読める?無料読み聞かせ動画を紹介!

その「にんげんごみばこ」ですが、どうやら無料で読むことができるようですね。

絵本という出版物を無料って、著作権的に大丈夫なの…?と思われる方もいらっしゃると思いますが、その管理人いわく「公式に許可を貰っている」とのことですので、安心のサイトです。

それがこちら。

YouTubeの「絵本男子」というチャンネルで読み聞かせの動画が公開されています。

ありがたいにはありがたいのですが、なぜこういったサービスを始めたかについては、絵本男子のコンセプトとして、

絵本は、子どもだけでなく貴方も魔法の世界へ
連れて行ってくれる素敵なツールです。
子どもの頃、おやすみ前に読み聞かせて
もらったあの心地よいひとときを
忙しい子育ての合間に少しだけ
浸ってみませんか?

そして、次は貴方が目の前の
お子様に優しく読み聞かせて
あげましょう。

きっと子育てがもっと楽しくなりますよ。
引用:YouTube・絵本男子チャンネルより

というものがあるようですね。
確かに、ある程度大きくなれば絵本を読む機会はなくなりますし、おとなになって読む機会と言えば「自分が読む」のではなく「読み聞かせてあげる」くらいしかなくなるかと思います。

私もこのチャンネルの動画を拝見して、なにかとても懐かしい気持ちになりました。

そういった感じで、私たち大人が童心に帰る用途で楽しむのもアリですし、どうしても手が離せないときにタブレットなどでお子様に見せてあげるのもいいかもしれませんよね。

まとめ

今回は、「にんげんごみばこ」という絵本のあらすじや読み聞かせサイト「絵本男子」などについて紹介しました。

賛否が分かれると聞いていたのですが、私はこの本の内容はとても良い物じゃないかな、という感想を持ちました。

もしよろしければ絵本を読んだ感想や「絵本男子」で観た感想などなど、コメントにてシェアしていただければと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です