高橋宏幸(カレー盛りクラブ経営者)の顔画像やFacebookは?余罪も調査

東京都渋谷区でクラブ経営の高橋宏幸容疑者が逮捕されました。

その逮捕された原因が「人にカレーを盛りつけた様子を配信」など、ふしだらなものだったとして注目を集めてるようです。

中々マニアックすぎて、どんなコメントをしたらいいのかわかりませんが、世の中にはいろんなビジネスがあるんですね。

そこで今回は、新種のカレービジネス(?)を行っていた高橋宏幸容疑者の顔画像やFacebookなどを調査してみました。

人体カレー盛り付け事件って何?

まず、今回の事件が発覚したいきさつを。
高橋宏幸容疑者はクラブ経営の一環として、従業員にカレーを盛りつける様子をショーとして店内で行い、それを食べたいという人には別料金を課して食べさせるビジネスのほか、ふしだらなことも行っていたようです。

それが発覚して今回の逮捕につながったという訳ですね。

人の肌に盛られた食べ物を食べるのは少々キツイ気がしますが、それが商売として成り立っていたのが凄いです…。

自分でちょっと触ってしまったものなら構いませんが、他人の肌にべったりついたものってあまり想像したくありませんね。
 

そんなビジネスを行っていた高橋宏幸容疑者ですが、Facebookなどで顔を公開していたのでしょうか。

高橋宏幸(クラブ経営者)の顔画像やFacebookを調査!

調べてみたところ、「高橋宏幸」名義でFacebookをやっている方は何人もいらっしゃったため、このアカウントが高橋宏幸容疑者の物だ、というのは確定できませんでした。

恐らくは東京在住となっているアカウントか、年齢が36歳とのことですのでそれに当てはまっているアカウントだとは思いますが確証はありませんので、この人だというのは言い難いです。

ニュースでは顔画像を報道しているものもあると思いますので、これから報道されるものに注目ですね。

[sp-mieru]

スポンサーリンク





[/sp-mieru]

カレー盛りクラブはビジネス成立してたの?

多分、いちばん気になることかと思いますが、カレー盛りクラブってビジネスとして成立していたんですかね。
ちょっと趣味がニッチすぎてよくわからない、という方が多いのではないでしょうか。

調べてみたところ、カレー盛りがビジネスのすべてではないようですが、高橋宏幸容疑者が経営していたクラブの売り上げはおよそ9億円と、かなりうまくいっていたようです。

もちろんそれだけがすべてではなく、犯罪となることも行っていたためカレー盛りが全額では無いようですが、「カレーを人体に盛る」というのはなかなかにインパクトがありますから、集客にはなっていたのかななんて思います。

衛生面的にはアウトなのでは、と思いますが、そのあたりの処分や余罪もあるのでしょうか。

高橋宏幸の余罪や処分を調査

どうやら、高橋宏幸容疑者はカレー盛りのほかに動画の配信も行っていたようですね。

その動画には高橋宏幸容疑者以外にも女性も出演しており、そのあたりの余罪もありそうです。
女性が合意の上で出演していたのかはわかりませんが、もしそうでないなら肖像権の面などからトラブルもあるかと。

また、カレー盛りの件についてですが、もしそれを食べたお客さんがお腹を壊したりした場合はお店にも処分が下るようですね。
仮にそのカレーが体に悪くないとしても、人体に盛られたと考えただけで気持ち悪くなってしまいそうですが…。

まとめ

今回は、東京都渋谷区のクラブで行われていた「カレー盛りクラブ」の経営者・高橋宏幸容疑者のことや余罪の可能性について調査しました。

人にはいろいろな趣味があるのは当然ですが、それをビジネスとして成功させた(?)高橋宏幸容疑者のセンスは凄いですね。

まだ続報がありそうなこのニュースですので、情報が入り次第追記したいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です