横浜の華龍飯店で食中毒!営業再開のめどや修学旅行生の容体は?

横浜市の中華街にあるお店で先月、食中毒事件があったことが発覚しました。

そのお店の名前は華龍飯店というお店で、食べ放題がウリのお店だったようですね。

横浜以外にもたくさんの店舗を持つ有名店ですが、なぜ今回食中毒という致命的な事件を起こしてしまったのでしょうか。

その原因や華龍飯店の営業再開のメドなどについて調査してみました、

横浜・華龍飯店で食中毒があった原因は?

今のところ、どの食品が悪かったという情報こそありませんが、普段から食品の管理は良くなかったようですね。

食べ放題で逐一食品の管理をするのは手間がかかるかと思いますが、食品の放置が目立っていたようです。

最近は天気もよく、暑い日が続いていましたから、それも食中毒の原因にあったかもしれませんね。

華龍飯店が営業停止に!営業再開はいつから?

この食中毒事件をきっかけに、当然ではありますが華龍飯店は営業停止の処分を受けています。

中華街で食べ放題のお店というのはそこまで珍しくありませんが、華龍飯店は値段もリーズナブルですし、たくさんのメニューがあるというのが人気でしたから、営業再開がいつになるのか気になりますよね。

華龍飯店の営業再開はいつになるのでしょうか。
食中毒を出してしまった事件で、営業停止を受けた店がどれくらい営業停止していたのか調べてみました。

 
調べてみたところ、3日~1ヶ月ほどという期間の停止が多いようですね。
保健所の指導や衛生講習次第で期間は変わるようです。

ですので、閉店しない限りは遅くとも来月くらいには営業再開するのではないかと思われます。
 

ただ、被害者が食事をしたのが5月中旬、停止を受けたのは6月1日からということで、他にも食中毒の被害にあったからもいらっしゃるかもしれませんが、どうなのでしょうか。

現状ではそういった報告はありませんが、また何件も被害届が出るようですと、さらなる処分が下りそうですね。
[sp-mieru]


スポンサーリンク





[/sp-mieru]

修学旅行生の容体は?

この事件で最も被害を被ったのは食中毒になってしまった修学旅行生と引率の先生方ですよね。
せっかくの修学旅行で楽しめるはずが、食中毒になってしまい台無しでしょうから。

現状の報道によると、下痢や腹痛などの一般的な食中毒の症状が出ているのみで、命に別条があったわけではないようです。

中学生の修学旅行は一生に一度ですので、こういった思い出で終わってしまうのはとても寂しいような気がします…。

ある種の思い出にはなったかもしれませんが、そういう問題ではありませんからね。

他の地域の華龍飯店は?

華龍飯店は横浜の店舗のほかに、東京、群馬、愛媛など全国的に展開しているお店ですが、他の店舗の衛生管理はどうなっているのでしょうか。

横浜の店舗で食中毒が起きたということは、華龍飯店の衛生マニュアルに問題がある可能性がありますしね。

調べたところ、ここ最近では食品トラブルは起きていないようですね。
単純に今回の横浜の華龍飯店に問題があっただけのようです。

こういったチェーン展開のお店ですと、1店舗が問題を起こしてしまうと他の店舗も気になりますが、他の店舗は問題ないみたいですね。

まとめ

今回は、修学旅行生が集団食中毒を起こした原因の横浜市の華龍飯店のことについて調査しました。

こんなことで修学旅行の思い出を台無しにされた中学生たちが可愛そうですね。
しっかりと衛生講習を受けて、クリーンな営業を心がけてほしいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です