石井孝明が違法DLを告白し炎上!経歴や割れ漫画はクジラックスの何?

ジャーナリストの石井孝明さんが漫画の違法ダウンロードをしたと告白し炎上しているようです。

なぜ堂々と犯罪行為を告白したのかは謎ですが、このツイートがわずか4時間ほどで6000リツイートされており、ネット掲示板などでも

「堂々と犯罪自慢してて笑う」

「良い悪いの問題ではなく、ちょっと抜けてるでしょ」

などなど反響を呼んでいるようです。
誰がやっても犯罪なことに変わりはありませんが、ジャーナリストという立場で堂々と語っているあたり凄いですね…。

また、さらに火に油を注ぐようなツイートを重ねているようで、そのいきさつや石井孝明さんの経歴などについて紹介していきます。

石井孝明の経歴は?

石井孝明さんは麻布中学校・高等学校を卒業し、大学は慶應義塾大学・経済学部の出身。
フィナンシャルジャパンという雑誌の副編集長や編集プロダクション経営など、様々な経歴を持っています。

現在は、フリーの経済・環境ジャーナリストをなさっている方です。

慶應大学出身でジャーナリストという職業に就いているわけですから、頭の良いかたであるのは間違いないはずです。
ですが、今回誰が見ても炎上する犯罪行為の告白ということをしたのには何か理由があったのでしょうか。

調べてみたところ、石井孝明さんは「炎上癖」のある方のようで、漫画家の原発に対する意見に反発し炎上、精神科医の香山リカさんに対し根も葉もないことを言い放ち、訴訟され炎上などの経歴があったようです。

恐らく自分がこうだと思ったことを発信しちゃう癖があるのでしょうか。
その結果、一言多かったり、言葉選びを間違えてしまい炎上してしまう、といった感じですかね。

今回の漫画違法ダウンロードは間違いなくアウトですが。

[sp-mieru]

スポンサーリンク





[/sp-mieru]

石井孝明が違法DLを告白し炎上したいきさつは?

石井孝明さんは、なにもいきなり「漫画を違法ダウンロードしました!」とツイートしたわけではないようです。

事の発端は、成人向け漫画のストーリーに沿って起きた事件が原因だったようです。

事件の元ネタである成人向け漫画をTwitterにて知った石井孝明さんが、その内容を確かめようと違法にダウンロードして読み、その感想と読んだ経緯をうっかりツイートしてしまったのが今回の経緯みたいですね。

さすがに石井孝明さんもまずいと思ったのか、続けて

と自身でフォローされているようですが、火に油ですよね。
このようなツイートもあり、さらに炎上してしまったようです。

石井孝明が読んだ割れ漫画はクジラックスの何と言う漫画?

石井孝明さんが炎上した元となった、埼玉県で起きた成人向け漫画のストーリーに沿って起きた事件の元ネタはなんという本だったのでしょうか。

調べてみたところ、クジラックスさんという方が描かれた「がいがぁかうんたぁ」という漫画のようですね。

ガイガーカウンターというのは、放射線量の測定器の名前のようで、漫画のあらすじも、埼玉で起きた事件の概要(線量測定の調査と騙り、室内に上がり~)と一緒とのことで、

ネットでは、埼玉県の事件の犯人はやはりこの漫画を読んで犯行に及んだのでは…という声が多いようです。

まとめ

今回は、ジャーナリストの石井孝明さんが炎上した理由などについて調査しました。

クジラックスさんの描かれた「がいがぁかうんたぁ」はネット通販サイトなどで購入できますので、興味のある方は検索されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です