喜田純鈴は細いけど体重は?出身高校やロシア留学と母やコーチについても

新体操界のホープとして期待されている喜田純鈴(きたすみれ)さん。

3年後の東京オリンピック出場が有望視されている彼女ですが、その特徴はなんといっても“細さ”。
まだ高校生で育ち盛りですが、他の選手と比べるとかなり線が細く見えてしまいます。

今回はそんな喜田純鈴さんの体重などのプロフィールや出身(在学)高校などについて調べてみました。

スポンサーリンク

喜田純鈴は細いけど体重は?プロフィール紹介

喜田純鈴さんは今年17歳になる超若手の選手です。

すでに一線級で活躍していらっしゃいますが、どうしても他の選手と見比べると細さが気になりますよね。
実際、彼女が参加している新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」でもダントツの体重の軽さのようです。

そんな喜田純鈴さんのプロフィールはこちら。

  • 名前   喜田純鈴
  • 読み方  きた すみれ
  • 生年月日 2001年1月11日
  • 出身   香川県
  • 所属   エンジェルRGカガワ日中
  • 身長   160cm
  • 体重   39kg

喜田純鈴さんはなんと39kgだそうです。
身長も決して低くないのにこの体重はかなり軽い方ですよね。

こちらは2017年3月の情報ではありますが、線の細さもうなずけます。

他の新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」の160cm前半の選手でも43kgくらいですので、代表の中でも細い方みたいですね。

出身高校は?

喜田純鈴さんが在籍している高校は「高松中央高等学校」のようです。
香川県の私立高校で、スポーツも力を入れている高校みたいです。

高松中央高等学校には体操競技部はあるようですが新体操部は無いようですので、体操競技部として練習は合同でされているのでしょうか。
他の高校を調べてみると、そういった形で練習していることは少なくないようですので…。

それとも、高校の部活ではなくエンジェルRGカガワ日中というクラブに所属しているようですので、そちらだけで練習されているのかもしれませんね。

喜田純鈴はロシア留学中?

先ほど高松中央高等学校には新体操部が無く…という話をしましたが、練習環境はかなり良いみたいですね。

というのも、喜田純鈴さんは去年の12月からロシアへ長期留学されているそうですので、密度の高い練習をされているのは間違いないかと思います。

まあしっかり練習に打ち込んでいる選手でなければ日本代表に選ばれることは無いと思いますので、失礼な話かもしれませんが…。

母も新体操選手だった?

調べているうちに、どうやら喜田純鈴さんのお母さんも新体操の経験者だったことが明らかになりました。

代表選手かどうかの情報こそありませんでしたが、大学まで新体操をやっていたキャリアの長い方のようでしたので喜田純鈴さんも母親の影響を受けて新体操を始めたのかもしれませんね。

ちなみに喜田純鈴さんには年の離れた妹と弟がいらっしゃるそうですので、きょうだいも姉の姿に憧れて新体操を…なんてこともあるかも知れませんね。

喜田純鈴のコーチもスゴイ!

一流選手の多くに言えることかもしれませんが、喜田純鈴さんのコーチもかなり凄い人物のようです。

コーチは劉宇(りゅうう)という女性コーチで、喜田純鈴さんが所属しているクラブ「エンジェルRGカガワ日中」の設立をされた方なんだとか。

もちろん実績もあり、中国代表としてアジア青年新体操選手権優勝や世界選手権出場など、数々の素晴らしい成績を残されています。

以前放送されたテレビ番組でも“鬼コーチ”っぷりを発揮されていたようですが、その手腕と喜田純鈴さんの信頼は確かなもののようです。

鬼コーチといっても、飴とムチの使い方が上手な印象だったみたいですので、一般的に想像する暴君のような鬼コーチという感じではないようですが。(笑)

ジュニア選手権代表も輩出

劉宇コーチは喜田純鈴さんのほかにも指導実績があり、アジアジュニア選手権日本代表・国体優勝選手の植松桃加選手もエンジェルRGカガワ日中に所属している選手のようですね。

これだけの指導実績のある方ですから、そりゃあ上達もしますよね。
本人の努力はもちろんですが、環境もかなり大事だと思いますし。

喜田純鈴が世界選手権代表に!

こちらは最近のニュースなのですが、喜田純鈴さんがアジア選手権に出場し4位という好成績を残されたということで世界選手権の代表入りが確実なものとなったようです。

まだ17歳という若い彼女ですが、日本の、ひいては世界のスーパースターとして着実に歩を進めていらっしゃるようですね。
世界選手権は8月から9月、イタリアにて開催されるので良い知らせを聞けるよう、胸を張って演技してきてほしいものです。

このまま好成績を残していけば3年後の東京オリンピックも…と考えずにはいられませんね。

東京オリンピック出場はあり得る?

私の予想なのですが、喜田純鈴さんが東京オリンピックに日本代表として選ばれるのはかなり現実的かな、と思います。

というのも、彼女はまだ17歳ですからね。
17歳で世界選手権代表が決定している選手があと3年も実力を伸ばしていけると考えたら、期待も相当に高まるものではないでしょうか。

もちろん、怪我やスランプなどの不測の事態も100%無いとは言い切れませんが、着実に成長していったなら選考で真っ先に名前が挙がる選手になるのを期待せずにはいられませんね。

まとめ

今回は女子新体操のホープ・喜田純鈴(きたすみれ)さんについて紹介しました。

線の細さからは想像できない力強さと、線の細さを活かした儚さを感じるような繊細な演技が持ち味の彼女ですが、まだお若いので怪我に気を付けて、これからの新体操界を背負うようなスターになって行ってほしいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です