桐生祥秀の9秒台の秘訣は室伏トレーニング?食事や大学の練習も

ついに日本人で初めて100m走で9秒台の選手が出ました。

その偉大な記録を達成されたのは東洋大学に所属している桐生祥秀さん。

桐生祥秀さんは高校生の頃からかなり注目されていて、未来の日本陸上を引っ張っていくスーパースターとして期待されていましたが、ついに大記録を達成されましたね。

もともと桐生祥秀さんは日本のみならず世界でも活躍している陸上選手ではありますが、今回の記録でさらに箔が付いた感じでしょうか。

昔は日本人で10秒台でもすごいと言われていたような気がしますが、まさか9秒台が出るとは驚きです。

以前も桐生祥秀さんは9秒台の記録を出していましたが、その時は追い風による参考記録。
今回の記録は正真正銘、公式の9秒台ということで、かなり盛り上がっています。

 
そこで今回は、桐生祥秀さんが9秒台を出した秘訣について調べていこうと思います。

どうやら、ハンマー投げのレジェンド・室伏広治さんが関わっているとか…?

スポンサーリンク

桐生祥秀の9秒台の秘訣は?

桐生祥秀さんはまだ大学生で、東洋大学の陸上部に所属しています。

東洋大学の陸上競技はとても盛んで、かなり濃密なトレーニングや設備が充実しているようです。

ですので、実業団ではなく大学でのトレーニングでも、とても質の高い練習が出来ているという訳なんですね。
 

ちなみに、毎年のお正月に行われる箱根駅伝でも東洋大学は常連校ですよね。
「山の神」と呼ばれた柏原竜二さんも東洋大学出身です。

室伏広治とのトレーニングが桐生祥秀を変えた?

トレーニング内容について知らべていると、桐生祥秀さんはハンマー投げのレジェンド・室伏広治さんと合同練習を行っていたことがあったんだそう。

ハンマー投げと短距離走の使う筋肉って違うのでは…?と思い、そのトレーニング内容について調べてみました。

小さな筋肉を鍛えて走行に使う筋肉を強化

ハンマー投げのトレーニングと聞くと、私のような陸上競技に疎い人からすると、大きな負荷をかけてパワーをつけるようなことを桐生祥秀さんもしているのかな?なんて思っていましたが、全くの逆でした。

室伏広治さんと桐生祥秀さんが行っていたトレーニングは、ゴムチューブを使い負荷をかけ、「ひねり」の動作を行い小さな筋肉を鍛えていく、という内容でした。

走るフォームには「ひねり」の動作が含まれますから、体をしっかりと支えてコントロールするためにこういったトレーニングをしているのでしょうか。

ほかにも、カヌーのオールを使い、体の片側のみでオールをこぐ練習もしていました。

イメージとしては、こちらの動画のような感じですね。

かなりきつそうな動作ですが、桐生祥秀さんいわく「ケツにくる」そうです。

桐生祥秀の食事は?どんなメニュー?

そんな厳しいトレーニングを重ねている桐生祥秀さんですが、何か特別な食事方法やメニューを取っていらっしゃるのでしょうか。

競技こそ違いますが、メジャーリーガーのダルビッシュ有さんはブロッコリーや鶏ささみ、ゆで卵の白身だけといったかなりストイックな食事を摂っているのが有名ですが、桐生祥秀さんもかなり厳しい食事を摂っているのか、調べてみました。

ボディビル並みの食事制限をしているわけではない

さすがに、ゴリゴリの食事制限をしているわけではないようですが、理にかなった食事をしているようですね。

東洋大学というスポーツが盛んな大学ですから、栄養かんりのトレーナーもいらっしゃるのかもしれません。

それに、桐生祥秀さんはいくら日本人最速といえども、まだ大学生。
仲間とも普通のお店で普通の食事をしているようです。

桐生祥秀さんのTwitterを見てみると、けっこうな頻度で「馬刺し」が出てきます。
栄養の高さもそうですが、単純に好みでもあるようですね。

他にも、休みの日はアイスを食べたり、ケーキを食べたりと、普通の大学生っぽさも垣間見える写真をあげられていました。

東京オリンピックも期待大?

ここで気になるのは、3年後に控えた東京オリンピックでのメダルですが、こんな偉大な記録が出たら期待してしまいますよね。

歴代オリンピックのメダル獲得タイムで、桐生祥秀さんの出した9.98秒という記録が上回っている記録が無いか調べました。

2000年シドニー五輪だと桐生は銀メダル!?

記録をさかのぼっていくと、2000年に行われたシドニーオリンピックでの記録だと桐生祥秀さんは銀メダルを取れるタイムだったようですね。

金メダルのモーリス・グリーン(アメリカ)選手が9.87秒、銀メダルのアト・ボルドン(トリニダードトバゴ)選手が9.99秒、銅メダルのオバデレ・トンプソン(バルバドス)選手が10.04秒という記録でしたので、この年の記録で言えば桐生祥秀さんは表彰台に登れるタイムということですね。

ちなみに記憶に新しいリオオリンピックでは、3位のアンドレ・ド・グラス(カナダ)選手が9.91秒でしたので、あと3年のトレーニングに加え、上位選手の調子によっては…というところでしょうか。

かなり厳しい世界だとは思いますが、全く可能性が無いわけではない感じですので、3年後の東京オリンピックにも期待がかかりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です