加藤未唯の使用ラケットやコーチを調査!ラーメンいいちょが力の源?

2017年9月に開催されているジャパンオープンで快進撃を見せている加藤未唯選手。

22歳ながら世界ランキング171位と躍進を見せている彼女ですが、その秘訣とはいったい何なのでしょうか。

加藤未唯選手が使っているラケットやコーチの指導、さらには原動力となっている「ラーメン」について調べてみました、

スポンサーリンク

加藤未唯の使用ラケットは?その特徴についても

加藤未唯選手の使用しているラケットは「バボラ ピュアアエロ(BABOLAT PUREAERO)」を特注でカスタマイズしたもののようですね。

従来の「バボラ ピュアアエロ(BABOLAT PUREAERO)」よりもほんの少し重くした(従来が300g→310g)ほか、細かな変更点もあるラケットなんだとか。

変更点は重さだけではないとのことですが、わずかな部分でも自分にしっくりくるような調整のモデルを使っているあたり、かなり気を遣っていらっしゃるんですね。

加藤未唯選手はプロですので、パートナーとも呼べるラケットに妥協をしないというのは当然のことなのかな、と思いますが、一般人からしてみると、あまり変化の分からなさそうなこだわりにプロフェッショナルを感じますね。

加藤未唯モデルは一般販売している?

ざっと調べてみたところ、加藤未唯選手の使っているラケットと同じモデルは一般にも販売されているようですね。

お値段は33000円で、注文を受けてから製造するモデルとのことですので、加藤未唯選手と同じモデルのラケットを使いたいという方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

加藤未唯の強さの秘訣はコーチの指導にある?

プロのスポーツ選手が道具に気を遣うこと、たゆまぬ努力を積み重ねているのは当たり前のことかもしれませんが、プロ選手も決して独りで上達するわけではなく、コーチの指導というのも関わってきます。

現在22歳とかなり若い加藤未唯選手ですが、どんな指導を受けて上達していったのでしょうか。

高校までは「パブリックテニス宝ヶ池」というテニスクラブで石井知信さんというコーチから指導を受けていたようですが、その指導がとても意外なものでした。

コーチの指導は「無し」?才能を伸ばしていった指導法とは

石井知信コーチは以前、スポーツ紙でのインタビューで加藤未唯選手にどんな指導をしたのか聞かれた時に、

「指導らしい指導はしていない。言うなれば、放牧かな」

と答えられたそうです。

石井知信コーチは早い段階で加藤未唯選手の才能に気付いたそうですが、コーチから加藤未唯選手に指導することはほとんどなかったんだとか。

その理由が、「日本のテニス界はコーチが選手を型にはめたせいで性能を潰してきたから」とのこと。

仮にそうだったとしても、ダイヤの原石は誰もが磨きたがると思いますので、なかなか才能のある選手をほったらかしにするのはきっと難しいことですよね。

 

それでも、石井知信コーチはは“選手の気付き”を第一にして指導にあたっていたそうです。

ある程度大人になってから“自分で気づくこと”の大切さに気付くものだと思いますが、石井知信コーチは加藤未唯選手が小さいころから、この“気づき”の大切さを説いていたんですね。

それが功を奏してなのか、加藤未唯選手は実力をドンドン伸ばしていき、今の大躍進へつながっているということでしょうか。

加藤未唯のパワーの源はラーメン?

そんな加藤未唯選手ですが、プロとして活躍している秘訣としてどういったものがあるのでしょうか。

調べてみると、Googleで検索したときに「加藤未唯 ラーメン」という予測検索が。

もしかして、加藤未唯選手のパワーの源は「ラーメン」にあるのかな、と思い、詳しく調べてみました。

加藤未唯のソウルフードは「いいちょ」の背脂ラーメン?

どうやら、加藤未唯選手の関連ワードとして「ラーメン」が出てくる理由は、ラーメン店「いいちょ」に加藤未唯選手の写真がたくさん飾られているからのようです。

「いいちょ」では、加藤未唯選手の普通の写真のみならず、ジョコビッチやフェデラーといった男子プロテニスプレイヤーとの2ショット写真が飾られているため、テニス好きの方にとってちょっとした“聖地”になっているみたいですね。

どのようなつながりがあってここに写真が飾られているかはわかりませんでしたが、興味のある方は1度足を運んでみてはいかがでしょうか。

お勧めのメニューはお肉のうまみがたっぷり詰まった背脂系のラーメンのようですね。

運動終わりの方にはピッタリのスタミナのつくメニューです。

まとめ

今回は、プロテニスプレイヤーの加藤未唯選手の使用ラケットやコーチの指導についてまとめました。

加藤未唯選手とゆかりのあるラーメン屋「いいちょ」も、これから先、加藤未唯選手がさらに活躍されたときに取材などで取り上げられるかもしれませんね。

こちらの方でもなにか分かりましたら追記していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です