ウィーランドの嫁や子供は?年俸や経歴と来季メジャー帰国があるか調査

横浜DeNAベイスターズの助っ人外国人ピッチャー・ウィーランド投手。

150km/hを超える直球とキレの良いカーブが武器の選手ですが、何よりその打撃能力も秀でている投手です。

2017年10月1日の対広島カープ戦では、投手とは思えないほどの打撃(3打数3安打4打点1本塁打)を見せるほどでした。

下手したら代打陣よりも打つのでは…?と思ってしまうほどの選手ですが、活躍の裏側には本人の努力はもちろんですが、奥様の支えも大きいようです。

そこで今回は、ウィーランド選手の奥さんやご家族について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ウィーランドのお嫁さんは整体師?

ウィーランド選手の奥さんはベスさんという方で、整体師のお仕事をなさっている方だそうです。

ウィーランド選手はもともとアメリカ出身で、そちらでベスさんと出会って結婚し、ご家族で日本にいらしたようですね。

ウィーランド選手は普段から奥さんにマッサージをして貰っているとのことで、ヒーローインタビューや取材に対し、

「良いプレーが出来ているのは妻のおかげだ」

とお話しされています。

ウィーランド一家に子供はいる?

そんなお互いに支え合っているウィーランド一家ですが、お子さんはいらっしゃるのでしょうか。

調べてみたところ、お子さんはまだいらっしゃらないようですが、1流のピッチャーと整体師のお子さんですから、きっと運動能力に恵まれたお子さんに恵まれそうですね。

現在、ウィーランド選手は27歳とまだお若い方ですから、これから先、横浜DeNAベイスターズに長く在籍してくれるようなら、日本に生活の基盤を移す、ということもあり得るかもしれません。

ウィーランドの年俸と契約は?

ウィーランド選手は年俸9000万円の1年契約を横浜DeNAベイスターズとしており、球団側に来季の契約を決める権利のある契約をしていたようです。

そして、ウィーランド選手の活躍を球団側が高く評価し、来季の契約も前向きに検討している状態のようです。

横浜DeNAベイスターズでは助っ人外国人投手がシーズン10勝をした歴史が無い球団ですから、球団初のシーズン10勝選手、かつ打力も高い投手であることが高く評価されたのでしょう。

まして、横浜DeNAベイスターズはピッチャーも打席に立たなければいけないルールですから、打てるピッチャーのウィーランド選手はとても重宝するという訳です。

成績こそ10勝となっていますが、援護に恵まれていればもう少し勝ち星がついていたであろうことを考えると、残留が望まれるのは当然のことですね。

来季もウィーランド選手を見ることができるととてもファンとしては嬉しいですね。

可能性は0じゃない?ウィーランドがメジャーに帰国する可能性

とはいえ、現状では球団側が残留を望んでいるだけで、ウィーランド選手が確実に残留すると表明しているわけではありません。

ウィーランド選手は10月1日現在で10勝2敗、防御率は3点台と、良いピッチャーであることは確かなのですが、メジャーリーグで確実に活躍が見込めるほど絶対的な成績ではありません。

ウィーランド選手もいずれは故郷であるアメリカで野球をしたいという気持ちがあるかもしれませんが、もう1年、より高い成績を出してから高い評価でメジャーに戻りたい、という考えもあるのではないでしょうか。

ですので、100%、という訳ではありませんが、来季メジャーに帰国するということは無いと考えていいかもしれませんね。

ウィーランドのメジャー成績は?

ちなみにですが、ウィーランド選手のメジャーリーグでの成績は、ケガの影響もあり、

1勝6敗 防御率6.32 WHIP1.52(4年間通算)

という成績だったようです。

ウィーランドが2017年CS進出を決めた!

10月1日の広島カープ戦で先発し、5回7失点とピリッとしない展開でしたが、打っては4打点をあげ、横浜DeNAベイスターズのクライマックスシリーズ進出を決めました!

ウィーランド選手、横浜DeNAベイスターズの皆さん、ファンの皆さん、おめでとうございます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です