川越の病院放火で看護師の森田めぐみが逮捕!動機や画像について調査!

2015年に埼玉県・川越市の病院で複数の不審火が上がった事件で、看護師の森田めぐみ容疑者が逮捕されました。

2年前の事件ということで覚えている方も少ないと思いますが、なぜ2年後の今になって逮捕されることになったのでしょうか。

森田めぐみ容疑者の動機や事件画像について調査しました、

スポンサーリンク

川越の病院放火の犯人は看護師!

まず、今回取り上げる事件の概要を。

川越市の病院放火事件は、2015年の4月に川越市の「赤心堂病院」の入院病棟の一室で複数の枕や布団が燃え上がったという事件で、ケガ人・犠牲者はいませんでしたが、病院内の不審火ということで当時は話題になっていましたね。

その事件が現在になって犯人が逮捕されるということになりました。
 

その犯人が、当時病院に勤めていた看護師・森田めぐみさんということですね。

また、当時警察が捜査に来ていた際に別の階のゴミ箱が燃えたこともあり、その件にも関連しているのでは、と言われています。

2年前の事件で記憶から消えている方も少なくないかと思いますが、なぜ今になって犯人が明らかになったのでしょうか。

そのあたりの真相や森田めぐみ容疑者の心理について考えてみました。

森田めぐみ容疑者の動機は?画像についても

今回の事件は、怪我など外傷を負った方こそいなかったものの、個人的にはとても物騒な事件だと思います。

というのも、病院とは体調が悪いときに行く(入院する)ものじゃないですか。

健康な状態ならまだしも(もちろん断固として良くない事ですが)、逃げることが不自由な方もいる中での放火なんて尋常ならざる悪意があってのことだと考えられます。

そういったことも含めて、今回の事件は森田めぐみ容疑者の悪意が行動させたことなのではないでしょうか。

動機は病院への恨み?

一般的に看護師は激務だと言われていますが、その分やりがいや給料に恵まれている仕事だと思います。

それらを差し引いても、森田めぐみ容疑者にとっては犯行に及ぶ理由があったことでしょう。
最も、容疑者が論理的に考えたわけでなく、衝動的に犯行に及んだ可能性もありますが。

どうにせよ、森田めぐみ容疑者の動機は「病院(仕事)への並々ならぬ鬱憤」というところにあると考えられます。

病院への放火という罪を犯した以上、医学への道への復職なんてまず不可能でしょうし、仕事へのストレスがピークだったのではないでしょうか。

現在取り調べ中とのことですので、詳しい動機については近いうちに明かされることでしょうね。

なぜ今になって犯人が明らかに?

今回の事件は、凶悪な事件としては逮捕が早いとは言えない発覚ではないでしょうか。

それが今になって明らかになった理由としては何があったのか、いくつか考えてみました。

考えられる理由その1:罪の意識に耐えられず自白・吐露した

これが一番あり得るというか、そうであって欲しいですよね。

昔にやったことを後悔し耐え切れず…というような、その相手が警察であろうと同僚であろうと、しっかり罪を償う、という気持ちをもち自白したのであれば、それが一番良い事だと思います。

その2:長い捜査の上、発覚した

個人的に可能性が高いのはこれだと思います。

罪の意識を2年間も抱えているのも十分にあり得ることだと思いますが、なかなかきっかけが無いと行動できない人もいますし、
増してや並々ならぬ努力をして看護師になったのでしょうから、医学の世界に居たい気持ちから自白に踏み出せない気持ちもあったとも考えられます。

そうこうしている間に、警察の捜査で発覚した…と。
端から見たら明確な悪意のこもった事件ですから、警察も事件から時間が経っても捜査を続けていることは明らかですし。

 
このあたりではないでしょうかね。
うっかり口が滑った、なんてこともあるかもしれませんが、もしそんな理由であれば最悪ですね。

どのような理由にしても、事件の病院に関わっていた方や医学に携わる方のためにも、容疑者にはしっかり罪の意識を持って償ってほしいものです。

森田めぐみ容疑者や事件現場の画像は?

画像については、5月12日現在公開されていないようです。

火災の規模からしても、病院に勤めていた方の素早い対応のおかげで大事にはならなかったようですし、現場の画像を大々的に公開しようものなら入院患者の方にも不安やストレスになることから公開は控えたのかもしれません。

また、病院側にとってもイメージダウンですから、そういった理由もあることも考えられますね。

事件現場の病院・赤心堂病院の場所は?

事件のあった赤心堂病院は川越駅からほど近く、かなり栄えた場所での事件でした。

病院の場所や事件現場と言い、一歩間違えれば惨劇が起きていたため、早い消火活動が行われて本当によかったです。

もちろん、過疎地や山中だからと言って放火していいわけではありませんが。

まとめ

今回は川越市・赤心堂病院で起きた放火事件の犯人の動機などについて調査しました。

繰り返しになりますが、放火はもちろん、病院内での犯行と残虐極まりない事件なんて起きてほしく無いものですね。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 同一人物でしょうか?
    埼玉県狭山市在住の森田めぐみ(43)が2016年6月に西東京の病院で50万を盗んで逮捕との記事を目にしました。
    放火で逮捕されたのに…
    看護師は引く手数多なんですね〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です