カラオケ動画投稿が犯罪に?罰則や歌い手と歌ってみたへの影響は?

昨今のYouTubeやニコニコ動画などの動画投稿サイトをよく使う方には驚きのニュースが舞い込んできました。

5月11日、地方裁判所が一般人の「歌ってみた」動画に対して投稿を削除するよう判決を下しました。

確かに、歌手本人の歌(CD音源など)はもちろん、歌詞にも権利がかかっていますから、完全に合法という訳ではないのでしょうけど、今回の判決は正直驚きですよね。

そこで今回は、動画投稿サイトに溢れる「歌ってみた」動画や、それを発信している方への影響を調査してみました。

スポンサーリンク

カラオケ動画投稿は「犯罪」になる?今回の判決の経緯

そもそも、なんで今になってカラオケ動画の配信が差し止められる判決が下ったのでしょうか。

インターネット上で「(曲タイトル) 歌ってみた」なんて検索すれば、出ない歌はないんじゃないかというほどカラオケ動画は投稿されています。

アーティストの公式PV・MVを見たい方にとっては、正直ジャマと思われる方も多いかと思いますが、
(いちいち検索除外ワードを指定するのがめんどくさいなど…)

いったい何が今回の判決で“ダメ”とされたのでしょう。

今回の一件では「カラオケ音源」が駄目だった?

ざっと調べてみたところ、楽曲の「楽譜」と「歌詞」についてはJASRACによって自身で歌ったものならOKだったけれど、

カラオケ音源はジョイサウンドであったり第一興商(DAM)であったりといったメーカー側に権利がある

ということのようでした。

 

よく考えたらまあ当然かな、と思いますが、正直盲点ですよね。
他者が作り上げたものを勝手に使うということですから、CDの音源やライブ映像を勝手にアップロードするのと変わりないですからね。

では、このカラオケ動画のアップロードは“犯罪”になってしまうのでしょうか。

カラオケ動画のアップロードは違法になる?罰則は?

結論から言うと、今回の判決では大きな罰則はつかないようですね。
現時点では、カラオケメーカーの著作権を侵害するとして、動画の削除を言い渡されたのみのようです。

ただ、最初はこのような判決でも、2件目3件目は重い判決が言い渡される可能性は十分にあるため、注意は必要でしょうね。

実際に、権利者側が“見せしめ”としてアピールする裁判もあるようで、今回がそれであることもあり得ます。

しかし、YouTubeやニコニコ動画、Twitterなど各種サイトでカラオケ配信が見られるのは事実です。
この判決は現在の動画投稿サイトの流れに大きくかかわると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

動画投稿や歌い手・歌ってみたへの影響は?

私の考えですが、カラオケ動画や歌ってみた動画というのはかなり減ってくると考えられますね。

というのも、すでにカラオケメーカー側は12万件もの削除要請を出しているようで、すでに行動に移しているからです。

現在では、こういった動画で収入を得ている「歌い手」という方もいらっしゃいますので、専業でやっているからには大痛手になることかと。
「歌い手」からプロの歌手になって、様々な主題歌などを手掛けている方も少なくないですし。

かといって、警告を無視しながら活動し続けるのは、いずれ手痛いしっぺ返しを食らうことになるのは目に見えていることですよね。

このような「歌い手産業」は先細っていくだけなのでしょうか。また、“抜け道”というものはないのでしょうか。

抜け道は存在する?歌い手の新たなルート

抜け道としましては、「カラオケ音源」さえ使わなければ問題はないようですね。

現在もそうしている方はいますが、一般の方に依頼して伴奏してもらったり、アカペラで歌ったりなど、公式のものを使わない手段で配信している動画があります。

もしくは、「完全オリジナル」の歌を歌ったりなどですね。

このような方法なら、権利に触れることなくカラオケ動画配信をしていくことができるようです。

要は、自分らで何とかしちゃえばいいわけですね。

動画投稿サイトでは、「演奏してみた」などのジャンルがありますので、その方に許可を取ることで配信活動を続けることができると思います。

まとめ

現在では重い刑罰こそ下ることはありませんが、いつかは実刑を下される可能性はあり得ると思いますので、カラオケ動画を投稿されている方は早いうちの対策をお勧めします。

また、これからも活動を続ける方は、楽器演奏者さんなどとコラボすることも考えた方がいいかもしれません。
ライブ感のある音の方が気持ちよく聞こえることもありますし、イイコト尽くしだと思いあんす。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です