松嶋翔平のプロフィールや出身中学と高校時代のエピソード紹介!

毎年10月下旬に行われるプロ野球ドラフト会議。

今年も沢山の野球プレーヤーがプロ野球選手になる時期がやってきました。

その中で、1度もベンチ入りしたことの無い高校球児がプロ志望届を出したと注目を集めているようです。

その高校球児の名前は「松嶋翔平」さん。

多くの場合は公式戦でアピールした結果、プロのスカウトの目に留まって…という流れですが、松嶋翔平選手のこの経歴はかなり稀なようです。

そんな謎に包まれた松嶋翔平選手のプロフィールや、高校でベンチ入りしていない理由などについて調べてみました。

スポンサーリンク

松嶋翔平の出身中学などプロフィール紹介!

松嶋翔平選手は岩手県盛岡市出身の選手で、ポジションはピッチャーを務めています。

そんな松嶋翔平選手のプロフィールはこちら。

  • 名前   松嶋翔平(まつしま しょうへい)
  • 生年月日 1999年5月18日
  • 投球   右投げ
  • 最速   147km/h
  • 出身中学 仙北中学校(軟式野球部)
  • 出身高校 花巻東高校

高校は埼玉西武ライオンズ・菊池雄星選手や北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平選手らと同じ花巻東高校。
甲子園にもたびたび出場している岩手県の強豪高校ですね。

中学時代は仙北中学校という学校で軟式野球をしていたそうです。

強豪高校に進学する選手はシニアなどで硬式に慣れている方が多いようですが、松嶋翔平選手は硬式野球は高校からのようですね。

松嶋翔平の身長・体重は?

松嶋翔平選手の身長は186cm、体重は80kgと、かなり恵まれた体格の選手です。

また、中学までは外野を守っていて、高校1年生の頃にピッチャーに転向されたとのことですので、素材型としての評価が高いのかもしれません。

松嶋翔平選手がかなり将来有望に思えるエピソードがありましたので、紹介していきたいと思います。

未来のエース?松嶋翔平が投手として輝く予感

先ほどもちらっと紹介しましたが、もともと松嶋翔平選手は中学校までのポジションは外野。

そんな松嶋翔平選手がピッチャーに転向したのは高校1年生の冬。

高い身体能力を評価されてか、初めてピッチャーとして投球した球はなんと138km/h。

高校1年生で、しかもピッチャー経験のない選手がこれだけのスピードボールを放つのは誰もがその将来を期待せざるを得ませんよね。

そして、高校3年生の夏には147km/hまで球速を伸ばすという、順調な成長も見せています。

投手歴2年にも満たないような投手がここまでの成長を見せたのなら、この先も…と思ってしまうものです。

 
投げては147km/h、今年行われたプロテストでは走っては50m走6.0秒、遠投は120mオーバーと、かなりのハイスペックを誇る選手なんですね。

その身体能力が評価され、現在は横浜DeNAベイスターズをはじめとする5球団が彼に興味を示しているんだとか。

 

しかし、ここで気になるのは、どうしてそこまでハイスペックな選手が、高校時代1度もベンチ入りすることが出来なかったのでしょうか。

そこには、こんな理由がありました。

松嶋翔平が高校時代1度もベンチ入りできなかった理由…

高校1年生の冬に初挑戦したピッチャーで138km/h、走っても良し、強肩で守備もこなせる、そんな選手がなぜ1度もベンチ入りすることが出来なかったのでしょうか。

2年生の頃については情報はなかったのですが、おそらく急造の投手としてマウンドにあげられるほどの技術が身についておらず、技術を磨いている最中だったのでは、と思われます。

まして、花巻東高校は名門校ですから、ライバルも多数いたでしょうし。

そして、ピッチャーとしての技術を磨き、いざ最後の夏、というところで松嶋翔平選手は右手首の剥離骨折という怪我を負ってしまいます。

それが治るかどうか、というところでチームは負けてしまい、高校時代にベンチ入りすることは叶わなかった…といったことのようです。

 

それでも、プロの球団から松嶋翔平選手を指名したいという話が来るほどの魅力を見せていますから、持っているポテンシャルは相当のものなのでしょうね。

まとめ

今回は、高校時代1度もベンチ入りすることが無かった異色の経歴を持つ松嶋翔平選手について紹介しました。

松嶋翔平選手のこれからの活躍に期待ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です