クトゥルフ神話の神話生物の設定と画像まとめ!最強はどれなの?

様々な神話生物が登場する「クトゥルフ神話」。

小説はもちろん、TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)としても人気のコンテンツですが、どの神話生物も圧倒的な力を誇るため、出会ってしまったが最後、まともな状態ではいられないという超存在だらけです。

ちょっと前には、このクトゥルフ神話に登場する神話生物が出演するアニメなんかもありましたね。

今回は、そんなクトゥルフ神話に登場する神話生物の設定や画像、さらには最強生物はどれかについても考察してみました。

スポンサーリンク

クトゥルフ神話ってそもそも何?

そもそもクトゥルフ神話とは、実際に語られてきた神話ではなく、1900年代の小説を基にした神話体系で、割と最近の物語なんですね。

また、「クトゥルフ」とは邪神のことを指し、本来発音することのできない文字の並び(Cthulhu)をこの発音としただけであるようです。

ですので、クトゥルフ、ク・リトル、クトゥルーなど、様々な呼び方があります。

 
そして、このクトゥルフ神話に出てくる神話生物は、人の力の及ばない絶対的他者であるという共通点があります。
要するに、めっちゃやべー奴、ということですね。

では、そんなやべー奴の紹介に入っていきたいと思います。

クトゥルフ神話生物の設定と画像まとめ

クトゥルフ

クトゥルフは、この神話の名前にもなっている神話生物です。

容姿はタコのような頭部にイカの足を無数に生やした顔、巨大な鉤爪のある手足、身体はゴム状で鱗に覆われ、背中にはコウモリの羽が生えた、そんな姿です。

クトゥルフ神話体系においては旧支配者の一柱として数えられていて、「水」を象徴しています。

眷属にはダゴン、ハイドラ(ヒュドラ)、深きものどもなどがいます。

クトゥグア

かつて地上を支配していたとされる旧支配者と呼ばれ、顕現の際は「生ける炎」の形をとる神話生物。

次に説明しますが、ニャルラトホテプの天敵でもあり、ニャルラトホテプの住処の森を焼き払ったともいわれています。

ニャルラトホテプ

ニャルラトホテプもクトゥグアと同じく旧支配者と呼ばれていて、顔が無く、それ故にいくつもの姿を持っているとされています。

特定の眷属は持たず、基本的に個で暗躍し、混乱や狂気を呼んでおり、ニャルラトホテプの力を受け取った人間のほとんどが力に溺れ、自滅してしまいます。

少し前にはこれを題材にしたアニメが放送されていました。

アニメでは可愛らしい美少女でしたが、元ネタはこんな生物だったんですね…。

ハスター

こちらも旧支配者の一柱で、「名状しがたいもの」、「名づけざられしもの」などとも呼ばれています。

神話生物・ヨグ=ソトースの息子であり、クトゥルフとは半兄弟とされるといった他の神話生物とかかわりの深い設定があります。

見た目については、目に見えなかったり、触手の生えた200フィートを超える大トカゲだったり、タコのような巨大水棲生物だったりと諸説あるようです。

イゴールナク

頭部を持たず、太った男性のような姿をしていて、白熱しているとされる神話生物です。

悪行と背徳をつかさどる邪神とされ、イゴールナクにそそのかされて堕落したものに乗り移って吸収し、その者に変身できるという能力を持ちます。

モルディギアン

かつてはグールの頂点として、グール達に崇拝されていましたが、現在、モルディギアンを崇拝するものは少ないようです。

姿かたちは変幻自在とされていますが、黒いイモムシのような形で、目を開けていられないほどのまぶしさを放つ、目の無い容姿をしているとされています。

アザトース

宇宙の真の造物主とされ、ニャルラトホテプを使役し意思の遂行を行っているとのこと。

その姿を見た者は存在を根元から覆されるとされていて、無形の黒影、暴走するエネルギーの塊と形容される見た目だそう。

ヨグ=ソトース

時空の制限を一切受けない最強の存在とされ、あらゆる時と共に存在し、あらゆる空間に接しているとされる神話生物。

このことから過去・現在・未来すべてはヨグ=ソトースの中のひとつであり、旧支配者すらもヨグ=ソトースの一部に過ぎないと言われています。

姿かたちは球体がいくつも合わさっているような見た目で、その球体ひとつひとつが太陽のようなまばゆい光を放っているとのこと。

神話生物最強は?

ここまでざっとクトゥルフ神話に登場する神話生物について紹介してきましたが、最強の神話生物はどれなのでしょうか。

ざっと読んだ感じですと、アザトースかヨグ=ソトースなのかな、と思いましたが、「全てが自身の中のひとつ」ということを考えるなら、ヨグ=ソトースが最強に当たるのでしょうか。

このあたりは小説や設定を読み込んだ方や、その解釈によって異なることかと思いますので、参考にした設定たちの中では、ヨグ=ソトースがいちばん強そうでした、というのが私の解釈になります。

もし詳しい方がいらっしゃいましたら、コメントにて教えていただけると幸いです。

まとめ

今回は、小説やTRPGなどでおなじみのクトゥルフ神話に登場する神話生物の設定などについて紹介しました。

神話生物や壮大な生命体の設定ってやっぱりロマンですよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です